Top >  面接の自己PR >  面接の自己PR 相手の目をみてしっかりと。

面接の自己PR 相手の目をみてしっかりと。

面接の場面で、自己PRを行うのは緊張しませんか?自分を評価するものが
数名目の前にいる状態で、堅くなりすぎずに自分をアピールするために!
ここでは、面接での自己PRにおけるアドバイスを紹介します!



【面接でのポイント!】

面接で自己PRを行う際、面接官の質問に対する返答に、
あまり時間をかけられないケースが多いことを認識してください。

面接での自己PRを成功させるポイントは、”嘘をつかないこと”と
”自分の素直な言葉で答える事””面接官の質問を想定しておくこと”です。



【面接官の意図】

ここ数年で流行している面接方法は”集中砲火型面接”です。
あなたの自己PRに対して、面接官がいくつもの質問をしてくるパターンです。

このパターンで、面接官が質問をしてくるときの意図は2つあります。
ひとつは、あなたのPRがウソでないのかを確かめること。もうひとつは、
PRで述べた成果が、偶然でなく繰り返し達成できるかを確認することです。

一つ目の”PRが嘘でないか”を確認するために、「成功のポイントは?」とか
「困難はありましたか?またそれをどう克服しましたか」など、面接官は
いくつかの質問を投げかけてきます。

この質問の対策として、まず一番大切なのはやはり”嘘をつかない”ことです。
自分の本当のPRを行い、自分の言葉で素直に返事をするようにしましょう。

また自己PRを作ったときに、友人や先生に、それに対する質問を
行って、事前に質問に対する答えを考えてみるようにしましょう。

二つ目のPRポイントの再現性ですが、例えばイベントを成功させたとしても
そのときの役割などを聞けば、どの程度その成功に貢献したのかがわかります。

あなたが、そのイベントのリーダーであったのか、または補佐であったのか、
突き詰めて質問されると、あなたが自己PRとして話していたことは、
実は自分の手柄ではなかった、と知らしめられることもあります。

あなたが自己PRしようとしている具体例が、本当に”あなたのPR”に
繋がっているか、今一度確認しておきましょう。



スポンサードリンク


その他面接,緊張,ポイント,面接官,リーダーの情報

自己PRの特徴とは??積極的に話すことがカギです。
自己PRというものは、基本的に何をしたのかというよりも、
その人の勢いや情熱といったものが、PRにつながる事が
非常に多いです。

自己PRとは??転職や就職成功のカギになる!
自己PRを、あなたはどんな場面で行いますか?就職活動の時の面接や
履歴書・転職のときなど、様々な場面で的を得た自己PRが必要となります。

自己PRのマナー。自慢や言ってはいけない言葉がある!
自己PRをするときに、ちょっと気をつけておきたいマナーを紹介します。
マナーを踏まえて、相手にとって気持ちのいい自己PRを行いましょう。
それはつまり、自己PRの成功に繋がります!

自己PRの書き方について。PRが困った方も参考にして下さいね。
自己PRを書こう!と思ったときに、なかなか上手く書き出せない人は
いませんか?ここでは自己PRの書き方の手順を紹介します!
ぜひ一度この書き方で、自己PRの作成に取り組んでみてください!

自己PRの例文。身近な例文を集めてみました。
自己PR文を作るときに、参考にしたい例文を紹介します。
あなたのPRしたい”長所”を裏付ける具体例ごとに、例文を紹介しています。
これをさらに、あなた自身の言葉で作り変えてみてください。

就職活動の自己PRについて。志望動機は明確ですか?
就職活動を行うとき”この会社に入りたいという志望動機”については、
必ず質問されます。この志望動機をアピールする時に、
上手く自己PRを行いましょう!就職活動の自己PRポイントを紹介します!

転職で自己PRについて。ポイントをしっかりと!
転職を行うときは、新卒のときよりも上手く自己PRをする必要があります!
転職の時の自己PRは、新卒のときのように”正直なだけ””率直なだけ”では
失敗してしまうと考えてください。

履歴書で自己PRは手書きで丁寧に書くことです。
履歴書は、就職活動を行うとき・転職活動を行うときに、すべての会社で
提出を求められる書類です。 面接を行うときには、面接官の手元に
あなたの履歴書が準備されています。


面接の自己PR

面接の自己PRについて。夢をしっかりと見据えていますか?

関連エントリー

面接の自己PR 相手の目をみてしっかりと。