Top >  転職で自己PR >  転職で自己PRについて。ポイントをしっかりと!

転職で自己PRについて。ポイントをしっかりと!

転職を行うときは、新卒のときよりも上手く自己PRをする必要があります!
転職の時の自己PRは、新卒のときのように”正直なだけ””率直なだけ”では
失敗してしまうと考えてください。



しかし今の時代、転職は決して”マイナスポイント”ではありません。
転職をうまく行うことは、あなたの経歴・職歴そのものがあなたのPRポイントに
繋がることもあります。

ポイントは、転職に”前向き”に取り組むことです!
ここでは、転職の時の自己PRの仕方についてアドバイスします!


【転職で自己PR!】

●前職の退職理由と、志望動機を明確にする

前職の退職理由と、転職を行うにあたっての志望動機、この2点は、
中途採用における質問の定番です。これをきちんと面接官に話せないようでは
転職をする資格はないと思いましょう!

この時は必ず”ステップ・アップのための転職”であるという姿勢で、
自己PRに臨んで下さい。間違っても、前職の愚痴や不満・人間関係の文句を
述べることのないようにしましょう。

たとえ、あなたの愚痴や不満が正当なものであるとしても、
それを口にしてしまうという点で、あなたの評価は下がってしまいます。
あなた自身がトラブルメーカーと思われてしまうので、気をつけましょう。


●経験してきた仕事内容は具体的に

「これまでどのような仕事に携わってきましたか?」と良く質問されます。
この質問は、あなたが即戦力になれるか、また自分が今まで携わってきた仕事の
内容をどれだけ理解してきたかをチェックする意図をもっています。

いろいろな切り口から質問されても答えられるように、今までの仕事内容は
自分できちんと整理しておきましょう。転職にあたって、仕事に対する
モチベーションが高いことをアピールしましょう。


●質問には的確に答える

面接官の質問は、何を聞かれているのかを判断し、それに対して的確な答えを
出せるようにしましょう。転職する人は、新卒の人と同じように、
”緊張してうまく話せない”ようでは困ります。質問には的確に答えましょう。

また、質問の意味が分かりづらかった時は、面接官に質問の意図を聞き直しても
失礼にはあたりません。



スポンサードリンク


その他転職,PR,アピール,新卒,面接の情報

自己PRの特徴とは??積極的に話すことがカギです。
自己PRというものは、基本的に何をしたのかというよりも、
その人の勢いや情熱といったものが、PRにつながる事が
非常に多いです。

自己PRとは??転職や就職成功のカギになる!
自己PRを、あなたはどんな場面で行いますか?就職活動の時の面接や
履歴書・転職のときなど、様々な場面で的を得た自己PRが必要となります。

自己PRのマナー。自慢や言ってはいけない言葉がある!
自己PRをするときに、ちょっと気をつけておきたいマナーを紹介します。
マナーを踏まえて、相手にとって気持ちのいい自己PRを行いましょう。
それはつまり、自己PRの成功に繋がります!

自己PRの書き方について。PRが困った方も参考にして下さいね。
自己PRを書こう!と思ったときに、なかなか上手く書き出せない人は
いませんか?ここでは自己PRの書き方の手順を紹介します!
ぜひ一度この書き方で、自己PRの作成に取り組んでみてください!

自己PRの例文。身近な例文を集めてみました。
自己PR文を作るときに、参考にしたい例文を紹介します。
あなたのPRしたい”長所”を裏付ける具体例ごとに、例文を紹介しています。
これをさらに、あなた自身の言葉で作り変えてみてください。

就職活動の自己PRについて。志望動機は明確ですか?
就職活動を行うとき”この会社に入りたいという志望動機”については、
必ず質問されます。この志望動機をアピールする時に、
上手く自己PRを行いましょう!就職活動の自己PRポイントを紹介します!

面接の自己PR 相手の目をみてしっかりと。
面接の場面で、自己PRを行うのは緊張しませんか?自分を評価するものが
数名目の前にいる状態で、堅くなりすぎずに自分をアピールするために!
ここでは、面接での自己PRにおけるアドバイスを紹介します!

履歴書で自己PRは手書きで丁寧に書くことです。
履歴書は、就職活動を行うとき・転職活動を行うときに、すべての会社で
提出を求められる書類です。 面接を行うときには、面接官の手元に
あなたの履歴書が準備されています。


転職で自己PR

転職で自己PRについて。新卒の時とはワケが違う!

関連エントリー

転職で自己PRについて。ポイントをしっかりと!