Top >  自己PRのマナー >  自己PRのマナー。自慢や言ってはいけない言葉がある!

自己PRのマナー。自慢や言ってはいけない言葉がある!

自己PRをするときに、ちょっと気をつけておきたいマナーを紹介します。
マナーを踏まえて、相手にとって気持ちのいい自己PRを行いましょう。
それはつまり、自己PRの成功に繋がります!



【自己PRのマナー】

●自慢をしない

人の自慢話を聞くことは、あまり気分のいいものではありません。
自己PRは、自分の長所や強みをアピールするところであって、
自分を自慢するところではないことを理解しておきましょう。


自分の長所や強みであっても、強く主張しすぎると相手には自慢に聞こえます。
逆に弱く言い過ぎると、相手に”卑屈な人間”という印象を与えてしまいます。

例えば、あなたの”行動力”をアピールしようとして、
”今までに40カ国旅行した”という点を話すとします。この時、国の数を
強調しすぎることには意味がありません。それは自慢です。

ここで強調したいのは、あなたが何のために旅行をし、何を学び、
何を得たかということです。訪れた国の数は言い添える程度にすると、
PRを聞いている人は、あなたを高く評価するでしょう。

このように、同じ内容の話をしていても、どこを強調するかなど、
伝え方次第で相手に気持ちよく受け入れられたり、反対になることがあります。
聞く相手に嫌な思いをさせない自己PRを行いましょう。



●使わないほうが良い言葉

自己PRを行うときに、できれば使わないほうがいい言葉があります。
それは意外にも、指南書などで提示されている言葉であることが多いです。
指南書どおりの自己PRを行うのは、マナー違反になります。

例えば新卒の方の就職試験の時に、あなたが「世の中の人に勇気を与えたい」と
言ったとしましょう。やる気に満ちたいい言葉のようですね。

しかし、このようなお決まりの言葉は、あなたの前に面接を受けた人が
既に口にしていることがあります。あなたの自己PR文は、本当に自分の言葉で
語られていますか?

会社説明会で求める人材像として、会社が提示したような言葉を
そのまま使ってしまうのもまたあまりいいイメージには繋がりません。
あなた自身の言葉で、自己PR文を作る努力をしましょう。


スポンサードリンク


その他長所,短所,会社説明会,アピール,マナーの情報

自己PRの特徴とは??積極的に話すことがカギです。
自己PRというものは、基本的に何をしたのかというよりも、
その人の勢いや情熱といったものが、PRにつながる事が
非常に多いです。

自己PRとは??転職や就職成功のカギになる!
自己PRを、あなたはどんな場面で行いますか?就職活動の時の面接や
履歴書・転職のときなど、様々な場面で的を得た自己PRが必要となります。

自己PRの書き方について。PRが困った方も参考にして下さいね。
自己PRを書こう!と思ったときに、なかなか上手く書き出せない人は
いませんか?ここでは自己PRの書き方の手順を紹介します!
ぜひ一度この書き方で、自己PRの作成に取り組んでみてください!

自己PRの例文。身近な例文を集めてみました。
自己PR文を作るときに、参考にしたい例文を紹介します。
あなたのPRしたい”長所”を裏付ける具体例ごとに、例文を紹介しています。
これをさらに、あなた自身の言葉で作り変えてみてください。

就職活動の自己PRについて。志望動機は明確ですか?
就職活動を行うとき”この会社に入りたいという志望動機”については、
必ず質問されます。この志望動機をアピールする時に、
上手く自己PRを行いましょう!就職活動の自己PRポイントを紹介します!

転職で自己PRについて。ポイントをしっかりと!
転職を行うときは、新卒のときよりも上手く自己PRをする必要があります!
転職の時の自己PRは、新卒のときのように”正直なだけ””率直なだけ”では
失敗してしまうと考えてください。

面接の自己PR 相手の目をみてしっかりと。
面接の場面で、自己PRを行うのは緊張しませんか?自分を評価するものが
数名目の前にいる状態で、堅くなりすぎずに自分をアピールするために!
ここでは、面接での自己PRにおけるアドバイスを紹介します!

履歴書で自己PRは手書きで丁寧に書くことです。
履歴書は、就職活動を行うとき・転職活動を行うときに、すべての会社で
提出を求められる書類です。 面接を行うときには、面接官の手元に
あなたの履歴書が準備されています。


自己PRのマナー

自己PRのマナーとは。あまり自慢をしすぎないほうがいい!

関連エントリー

自己PRのマナー。自慢や言ってはいけない言葉がある!